振り返った先のラリアット

気の向くまま、風の吹くまま

物語は続く。。。

2016年1月30日

この日は新日本プロレスにとって特別な一日となった。

 

中邑真輔、ラストマッチ。

 

年明け早々駆け巡った、プロレスファンの不安や期待を煽るニュースや噂。

その1つに中邑真輔WWE挑戦というものがあった。

事実ではないだろう、私もそう思い込んできたが、新日本プロレスからの退団発表、さらには本人の口からその旨が語られた。

 

2016年が始まってまだ1月しか経ってないが、今年最大のニュースとなった、と私は考えている。

新日本プロレスの暗黒期を支えてきた男。

新日本プロレス人気復活に貢献した男。

その男が退団するというのは、驚いたという表現だけでは収まらなかった。

かつて柴田勝頼も新日本から去ったことがあるが、あのときはプロレスという戦場から離れるという意味合いが強かった。

 

今回はまるで違う。真輔はプロレスラーのまま、戦場を海の向こうへ移すのだ。

 

ラストマッチ、後楽園ホール大会。

チケットはプレミアが付くほどまでになっていたという。

どうしても、会場へ行きたいという思いもあったが、私は引き下がって、自宅から新日本プロレスワールドで視聴することにした。

 

会場が真輔のイメージカラーである赤一色に染まっていた。

ホール内に響く、真輔コール。

この選手がどれほどファンから愛されているか、一目でわかる光景だった。

 

試合の内容などはぜひともワールドから視聴してほしいと思うが、

私の感想として、真輔の最後のマイクが印象的であった。

 

「物語はまだまだ続きます。だから、さよなら、は言いません」

 

この言葉ほどファンにとって嬉しいものはないだろう。

最後はリングにCHAOSの面子が集まり、記念撮影。そして、

「一番……一番すげぇのはプロレスなんだよ!」

と締めくくり、ファンと触れあって幕を閉じた。

 

個人的には、この最後の台詞、少し付け加えて考えたいと思う。

それは、

「一番すげぇのは”日本の”プロレスなんだよ」

 

世界最大のプロレス団体、WWE

そこで成功を収めた日本プロレスラーは数少ない。

だが、不思議と私は中邑真輔が一番の成功、つまりWWE世界ヘビー級王座を獲得できると確信している。

それは単に彼が新日本プロレスラーだから、という理由だけではない。

団体以上に、彼個人のプロレスラーとしての素質、カリスマ性が力強い説得力となって、力をくれていたからだ。

 

WWEでは既に、中邑真輔の登場を予告しており、

NXT Takeover Dallas 大会にて、サミ・ゼイン(元エル・ジェネリコ)との対戦となっている。

AJはいきなりメインロースターからのスタートであったが、

私はこれを決して悲観的に、むしろ破格の待遇であると思っている。

扱いとしては、現在WWE NXT DivaのAsukaこと華名に近いだろう。

彼女もデビュー戦がTakeOverであった。そして、その試合で見事にファンの心を掴んだのだ。

また、元KENTAことヒデオ・イタミも居る。彼との絡みも期待できるだろう。

 

サモア・ジョー、アポロ・クルーズ(元ウーハー・ネイション)、フィン・バロール(元プリンス・デヴィッド)、トマソ・チャンパ、ジョニー・ガルガノ、リッチ・スワン、マニー・アンドラーデ(元ラ・ソンブラ)など。

NXTはインディの宝庫とも言えるべき空間だ。この場所に中邑真輔が入ることに、1プロレスファンとしては期待ばかりが込み上げてくる。

 

あの人との対面が見たい。

王座戦が見たい。

ベルトを巻いてくれ。

 

こんな願望が胸の内から溢れ出てくる。

だが、それらを押しとどめながら、恐らく、中邑真輔は冷静に口を開くのだろう。

 

 

 

 

 

答えは...こうだ!

 

f:id:sinobishadow:20160201214810j:plain

イヤァオ!

 

 

 

 

 

驚異的な...あの人

直訳なタイトル。これだけじゃ、誰かわからない。

 

英語にしますと、" Phenomenal "

 

そう...

 

f:id:sinobishadow:20160127231846j:plain

 

この人。

 

最近プロレス界では話題になっているお方。

プロレス好きなら知らない人はいないだろう。

 

AJ Styles

過去に参戦したことある団体:ROH、TNA、RevoPro、新日本

タイトル歴:TNA世界ヘビー級王座、TNA-X-Division王座、IWGPヘビー級王座etc...

フィニッシュ:Styles Clash、Calf Killer、Spiral Tap

 

本当はもっと色々書ける選手なんだが、詳細はWiki

A.J. Styles - Wikipedia, the free encyclopedia

 

 

さて、本題に入る前に、背景を順に説明しておこう。

 

2016/1 上句

1つの噂がプロレス界に走った。それは、

「新日本のAJ Styles、Karl Anderson、Doc Gallows、中邑真輔WWEへ行く」

というものだ。

この時期というのは選手達の契約更改時期なので、ぶっちゃけこんな噂は毎年のように出ていた。

私も最初はこの噂を面白半分に留めておいただけだった。

 

しかし、ちょうどこの噂と同時期にWWEはあるサービスを開始した。

それが「WWE Networkの日本サービス開始」である。

 

WWE Networkとは...

月9.99$払えば、誰でも、過去のPPV、RAWやSmackdown、NXT、オリジナル番組までも、好きなだけ視聴できるという画期的なサービスである。

プロレス界で未だかつて、こんな太っ腹なサービスを展開している団体は他になかった。(後に新日本がこれを模して、新日本プロレスワールドを開始している)

 

そのサービスが噂と同時期に開始されたのである。

 

これを重ねて、胸中嫌な思いが渦巻いた。

そんな思いを知る由もなく、事態はさらなる展開を見せた。

WWEの公式Twitterが「AJ、Anderson、Gallows、中邑真輔WWEで成功を掴めるのか?」という己の記事を執筆、ツイートしたのだ。

 

他団体のTV番組に出演している選手に触れるなど、WWEでは決してあり得ない。WWEのボスであるビンス・マクマホンがそれを許さないからだ。

だが、公式のTwitterでこのような呟きが流れた。

 

これをもう、確定だ。そう感じた。

 

そして、その後、新日本プロレスの年間最大興行、「Wrestle Kingdom 10」が終わり、その直後の後楽園ホール大会で、それは起きた。

 

 

AJ Styles、BulletClubを追放

 

 

ケニー・オメガが背後に忍び寄り、まさかの片翼の天使を決めるという展開。

 

f:id:sinobishadow:20160127234105j:plain

 

これはファンにとっては、あまりにもショッキングな出来事だった。

 

事実、私もこれを目撃し、思わず口から叫びが出た。

 

何故なら、バレットクラブにとって"追放"とは、"新日本を離れる"ことを意味するからだ。

過去にバレットクラブの創始者であるプリンス・デヴィットも同じように追放され、新日本を退団した。

 

これはプロレス界を揺るがすニュースとなった。

あの噂は単なる噂ではなく、確定的な情報となった。

 

 

しばらくして、再び新日本から衝撃的な発表がされる。

中邑真輔、新日本を退団する。

2016/1月を以て、中邑は新日本から出て行く。長年の新日本ファン...いいや、日本のプロレスファンからしたら、これほど衝撃的なニュースはなかっただろう。

また、その後、別の情報としてアンダーソン、ギャロ―ズは3月ごろに退団するだろうという噂まで出ている。もう、こういった情報を単なる噂として受け止められない。

 

 

 

長々となってしまったが、このような事の顛末があり、AJは新日本から離れ、WWEに挑戦するため、故郷のアメリカへと渡った。

 

そして、2016年1月24日、現地USA WWEの年間4大イベントの1つ、

Royal Rumbleに彼は現れた。

 


WWE Network: AJ Styles makes his WWE debut in the Royal Rumble Match: Royal Rumble 2016

 

入場3番手に、新たな入場曲と共に姿を見せた。

当然、会場は大歓声に包まれた。彼のニュースが全世界を駆け巡っていたため、会場の反応はどちらかというと、「待ってたぜ!」と歓喜しているようだった。

それでも信じられないといった感じもあった。私も視聴していて、わかってはいたが、昂ぶる感情を抑えられなかった。

 

 

長いキャリアを積み、プロレス界では知らぬ人はいないほどまでの地位まで登り詰めた彼は、今ようやく世界最大の団体に姿を見せた。

TNAの人気が縮退し、多くのレスラーが離れた。

WWEのNXTという"試合重視"路線により、多くのインディレスラーが獲得された。

そこには元ドラゴンゲート、元ROH、そして、元TNAなどたくさんのレスラーが参戦することとなる。

 

だが、AJ Styles 彼だけは、古巣ROHへ戻り、そして新日本へと参戦した。

 

プロレスの試合というものを誰よりも重んじる選手。

そんな彼はWWEで、どんな展開を見せてくれるのか。

そして、WWEは彼をどこまで"魅せて"くれるのか。

 

これからのAJ Stylesのレスリング人生の幸福を祈ると共に、

今後の彼に大いなる期待を寄せたいと思う。

ブログ開設

色々前から興味はあったけれども・・・

ブログ始めることにしますた。

 

まぁー、自由気まま、マイペースで思ったことを書いていきます。

 

 

書くこととしては趣味全般です。

 

 

○読書

なんか読んだら感想とか書きます。

○プロレス

プロレスが好きなんで試合とかの感想書きます。

見る団体は新日本、WWEが中心。時々、ROH、RevoPro、CMLLかな。

LuchaUndergroundも気になっているが、視聴できない。

○映画

ジャンルは「かなり」偏るけど、感想など載せられたら。

○思ったことなど

ブログにネタになりそうもの、思いついたら書きます。

 

 

こんなところ。

ブログの書き方なんかも、わからないことばかりなので、そこはご指摘とかいただけると嬉しいです。

(HTMLの書き方も知らないことは口が裂けても言えない)