振り返った先のラリアット

気の向くまま、風の吹くまま

物語は続く。。。

2016年1月30日

この日は新日本プロレスにとって特別な一日となった。

 

中邑真輔、ラストマッチ。

 

年明け早々駆け巡った、プロレスファンの不安や期待を煽るニュースや噂。

その1つに中邑真輔WWE挑戦というものがあった。

事実ではないだろう、私もそう思い込んできたが、新日本プロレスからの退団発表、さらには本人の口からその旨が語られた。

 

2016年が始まってまだ1月しか経ってないが、今年最大のニュースとなった、と私は考えている。

新日本プロレスの暗黒期を支えてきた男。

新日本プロレス人気復活に貢献した男。

その男が退団するというのは、驚いたという表現だけでは収まらなかった。

かつて柴田勝頼も新日本から去ったことがあるが、あのときはプロレスという戦場から離れるという意味合いが強かった。

 

今回はまるで違う。真輔はプロレスラーのまま、戦場を海の向こうへ移すのだ。

 

ラストマッチ、後楽園ホール大会。

チケットはプレミアが付くほどまでになっていたという。

どうしても、会場へ行きたいという思いもあったが、私は引き下がって、自宅から新日本プロレスワールドで視聴することにした。

 

会場が真輔のイメージカラーである赤一色に染まっていた。

ホール内に響く、真輔コール。

この選手がどれほどファンから愛されているか、一目でわかる光景だった。

 

試合の内容などはぜひともワールドから視聴してほしいと思うが、

私の感想として、真輔の最後のマイクが印象的であった。

 

「物語はまだまだ続きます。だから、さよなら、は言いません」

 

この言葉ほどファンにとって嬉しいものはないだろう。

最後はリングにCHAOSの面子が集まり、記念撮影。そして、

「一番……一番すげぇのはプロレスなんだよ!」

と締めくくり、ファンと触れあって幕を閉じた。

 

個人的には、この最後の台詞、少し付け加えて考えたいと思う。

それは、

「一番すげぇのは”日本の”プロレスなんだよ」

 

世界最大のプロレス団体、WWE

そこで成功を収めた日本プロレスラーは数少ない。

だが、不思議と私は中邑真輔が一番の成功、つまりWWE世界ヘビー級王座を獲得できると確信している。

それは単に彼が新日本プロレスラーだから、という理由だけではない。

団体以上に、彼個人のプロレスラーとしての素質、カリスマ性が力強い説得力となって、力をくれていたからだ。

 

WWEでは既に、中邑真輔の登場を予告しており、

NXT Takeover Dallas 大会にて、サミ・ゼイン(元エル・ジェネリコ)との対戦となっている。

AJはいきなりメインロースターからのスタートであったが、

私はこれを決して悲観的に、むしろ破格の待遇であると思っている。

扱いとしては、現在WWE NXT DivaのAsukaこと華名に近いだろう。

彼女もデビュー戦がTakeOverであった。そして、その試合で見事にファンの心を掴んだのだ。

また、元KENTAことヒデオ・イタミも居る。彼との絡みも期待できるだろう。

 

サモア・ジョー、アポロ・クルーズ(元ウーハー・ネイション)、フィン・バロール(元プリンス・デヴィッド)、トマソ・チャンパ、ジョニー・ガルガノ、リッチ・スワン、マニー・アンドラーデ(元ラ・ソンブラ)など。

NXTはインディの宝庫とも言えるべき空間だ。この場所に中邑真輔が入ることに、1プロレスファンとしては期待ばかりが込み上げてくる。

 

あの人との対面が見たい。

王座戦が見たい。

ベルトを巻いてくれ。

 

こんな願望が胸の内から溢れ出てくる。

だが、それらを押しとどめながら、恐らく、中邑真輔は冷静に口を開くのだろう。

 

 

 

 

 

答えは...こうだ!

 

f:id:sinobishadow:20160201214810j:plain

イヤァオ!